新・りっきーのブログ日記

日常の身の回りでの出来事について、いろいろ書き綴ってみたいと思っています。
スポーツ(トラネタが多いかも・・・)や、音楽、その他感じた事などを色々と・・・☆
大河ドラマや色々なモノ・コトとかのレビューも始めてみました♪
でも最近は。。。親バカ日誌になりつつある、今日この頃。。。( ̄▽ ̄;)


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- : -


最近読んだ本その?〜村山由佳・星々の舟〜

 先日から勝手に始めている(^^;)、“最近読んだ本”のコーナーなんですが、よくよく考えると「これから読もう!」と考えておられる方にとっては、「ネタバレやん!?」となってしまうんですよね・・・。

 ですので、「これから読むで!」と考えておられる方は、この記事の時には飛ばして下さいませ・・・(^^;)。

 気を取り直して・・・、ここ数日程まとまった空き時間を取る事が出来たので、新たな本を読みましたので、早速ご紹介を・・・。

 今日取り上げるのは、“村山 由佳「星々の舟」”。

星々の舟
星々の舟
村山 由佳

 この作品は初版が03年でしたので、もうすでに読まれた方もおられるのではないでしょうか。また当時、この作品で村山さんは“直木賞”を受賞されているそうですので、尚更すでに読まれた方もおられるかと・・・。

 私は村山さんの作品を読むのは、実は今回が初めてなんですが、正直言って最初に手に取った時にはこのような“内容”とは思っていませんでした。

 ストーリー的には、とある一家の6人について順番にスポットを当ててゆき、それぞれが抱えている想いや悩み・迷いと言った心の葛藤を描いているのですが、全体のストーリーの中でも中心軸的な役割を果たしているのが、本の裏表紙にも書かれている、次兄・暁と長女・沙恵との間の“禁断の愛”。

 物語がこの部分を中心に進んでいる、と言っても過言では無いでしょうね・・・。
(これだけの書き方だと、このようなストーリーとなっている理由がとても解りにくいかとは思いますが、全てを書いてしまうとホンマにただの“ネタばらし”のコーナーになってしまうので、あくまでも、とても解りにくく書かせて頂きました(^^;))

 最初読み始めたときは、とても“重い”印象がありました。“深い(deep)”と表現した方が合っているのか、その辺りはとても難しい部分ではあるのですが・・・。

 しかしながら読み終えてみると、この作品はとても“せつないラブストーリー”なんですよね・・・。
 お互い想い合っているのに、永遠に結ばれることが出来ない悲しさ・・・。

 ラストで父・重之が「幸福とは呼べぬ幸せも,あるのかもしれない」と心で呟いているシーンがあるのですが、この言葉が物語りの全てを凝縮しているのではないでしょうか。
 人は生まれてくる場所や状況を選ぶことはできません。
 もし仮にこの2人が“結ばれることの出来る状況”に生まれていたら・・・??そう考えてしまうと、とても切ないラブストーリーだと改めて感じてしまいました。

 とは言え、評価的には二分するとも感じましたね・・・。
 あまりにもストーリーが“濃い”為、感情移入し難い部分があるのも確かですから・・・。

 と言う事で、1回目と趣の異なる作品を載せてみましたが、いかがでしょうか??
 3回目は・・・、これから考えましょう・・・(^^;)
(村上さんの作品を、更に読んでみようか、などと思ったりもしていますが・・・)






comments(0) : trackbacks(0)


最近読んだ本その?〜博士の愛した数式〜

 久しぶりに、読書感想文を書いてみたいと思います。

 最近、“読書”をなかなかじっくりする機会も無かったのですが、“それではいかん!”と思い、本屋さんで手に取ったのが、“博士の愛した数式”と言う作品。


博士の愛した数式
博士の愛した数式
小川 洋子

(画像については、著作権等の兼ね合いからアフィリエイトを利用しています。)

 現在、映画化され上映もされているこの作品なんですが、作品の主な登場人物は、とても限られているんですね。

 まず、かつて“数学者”であった博士と呼ばれる初老の人物と、家政婦として派遣されることとなった女性、そして博士から“ルート”と呼ばれている家政婦さんの息子の3人によって主に展開され、他には家政婦を依頼した博士の義姉も所々、物語に絡んできます。

 物語はと言うと過去の不慮の事故により、記憶がわずか“80分”しかもたなくなってしまったかつての数学者と、その博士をお世話することとなった家政婦さんとが出会い、やがて家政婦さんの息子である10歳のルート少年も加わり、様々な交流を描いていく内容になっているのですが、この中では2つのメイン・キーワードが出てきています。

 まず一つは、タイトルにもなっている“数式”。
 私もタイトルだけを見たときは、難しい数式がいっぱい出てくるのかな、と思ったりもしました。で、実際読んでみると色々と難しい数式が出てきています。
(学生時代以来に見る公式等もあり、懐かしい部分もありましたが・・・。)
 
 でも博士の解説を読んでいる内に、不思議と“難しさ”よりも“数学の持つ神秘さ”に魅了されてしまうんですよね。
 「そんな風に考えたこと無かったなぁ・・・」と感じさせられた部分も、多々ありましたね。
 そう言う意味では、“数学”=“引きそう・・・”と言う部分は、全くと言っていいほど無かったと思います。その辺りが本屋大賞を受賞し、その後ベストセラー、さらに映画化へと繋がって行った理由の一つかもしれませんね。

 そしてもう一つのキーワードが“阪神タイガース”。
 これは著者の小川 洋子さんが大のタイガースファン、と言う部分もかなりあると思いますが、タイガースの話題がとても出てくるんですね。
 博士にとっての“ヒーロー”も登場してくるわけですが、タイガースと数式が絶妙に絡み合い、読んでいて、その世界に物凄く溶け込めましたね。

 実際の映画版では、博士役に寺尾聰さん、家政婦役に深津絵里さん、成人したルート役を吉岡秀隆さんが演じておられますが、まだ映画は見に行っていないので、久しぶりに見に行ってみようかな、と思ったりもしています。

 さて、次は何を読みましょうか・・・。次の作品が楽しみです!






comments(0) : trackbacks(0)




■当サイト オススメのレンタルサーバー
 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる
 安心の電話サポートが深夜まで対応している。
 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。
 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。