新・りっきーのブログ日記

日常の身の回りでの出来事について、いろいろ書き綴ってみたいと思っています。
スポーツ(トラネタが多いかも・・・)や、音楽、その他感じた事などを色々と・・・☆
大河ドラマや色々なモノ・コトとかのレビューも始めてみました♪
でも最近は。。。親バカ日誌になりつつある、今日この頃。。。( ̄▽ ̄;)


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- : -


抹茶味の回転焼きなど。。。


...


 すっかり更新が滞っている、大和路プチ紀行ですが…(^。^;)

 室生寺の町並みで、抹茶味の回転焼きを売っているお店があったので、買ってみました♪

 抹茶とあんこと言うのは…実にいい塩梅でマッチするものなんですねぇ〜。。。

 宇治金時なんてアイスもある位だから…この組み合わせを考えた人は凄いなぁ、と思ってしまいます☆

 パリッとした表面と柔らかいあんこだけのお菓子ですが、一息つくには…ピッタリのお菓子かも。。。



comments(2) : trackbacks(0)


奈良大和路 プチ紀行 その3〜室生寺 金堂から五重塔へ〜

 さて、前回は室生寺のシャクナゲをご紹介しましたが、今回は室生寺の境内へと向かう事にしましょう。



 鎧坂を上がっていくと、まず最初に目にするのが、この『金堂』。
 柿葺き(こけらぶき)と呼ばれる屋根の仕様で出来たこの建物は、平安時代前期に建てられたものと伝えられています。

 この堂内には、十一面観音立像(国宝)、文殊菩薩立像(重文)、本尊釈迦如来立像(国宝)、薬師如来立像(重文)、地蔵菩薩立像(重文)が横一列に並んで鎮座し、さらにその手前には十二神将立像(重文)が構えており、その姿は見ていてとても勇壮なものを感じてしまいます。

 これだけの・・・像が一同に介しているのを見れるのは・・・とても貴重な体験ですよね。。。
 その迫力に、見ていて思わず・・・身震いしてしまいました。。。

 そこからさらに、足を進めていくと・・・


続きを読む >>



comments(0) : trackbacks(0)


奈良大和路・プチ紀行 その2〜室生寺のシャクナゲたち〜

 さて、昨日の旅日記で表門前までやって来た訳ですが、いよいよ境内へと入っていきます。

 この室生寺ですが、この時期にシャクナゲが美しく咲き誇る事でも有名なお寺でもあるんですよ。



 このように境内のいたる所に、シャクナゲがその姿を見せてくれています。



 ここは本道へと上がっていく道中なのですが、階段の両脇にシャクナゲが咲き誇り、まるで訪れる人々を温かく出迎えてくれているかのよう。

 私はじっくりとシャクナゲの花を見たのは、今回が初めてなんですが、境内に咲いているシャクナゲにも様々な色や種類があるようです。


続きを読む >>



comments(6) : trackbacks(0)


奈良大和路・プチ紀行 その1〜室生寺へ〜

 さて、世間はGWへと突入していますが、我が家でもこのGWを利用して、嫁と娘が実家へと帰っているので、我が家にはワタクシ1人。

 で、この機を利用して・・・ちょっとプチ旅行でも行ってみようか♪などと、カメラ片手に出かけた次第で・・・。

 今回は・・・奈良・宇陀(うだ)市にある室生寺へと足を運んでみました♪



 この室生寺のある宇陀市ですが、去年の元旦に大宇陀町・菟田野町・榛原町・室生村が合併し、新たな自治体として誕生した歴史のまだ浅い自治体になります。

 この宇陀市に鎮座する室生寺ですが、真言宗・室生寺派大本山の寺院として知られ、その歴史については諸説あり、680年に役小角という人物が草創し、弘法大師が再興したという説や、奈良時代の末期に東宮(後の桓武天皇)の病気平癒を願った賢欧箸い人物が創建したという説があるんだそうですが、今ひとつ定かでは無いようです。

 この室生寺ですが、最寄り駅は近畿日本鉄道大阪線の室生口大野(むろうぐちおおの)駅と言うところになり、大阪・上本町からだと急行で約1時間ほどの距離にあります。
 この駅から3つ隣が名張駅になるので、位置的には奈良と三重の県境の辺りと言ったところでしょうか。

続きを読む >>



comments(4) : trackbacks(0)


『さくら舞い散る中に。。。』

 『さくら舞い散る中に忘れた記憶と。。。』

 2年前に発売されたケツメイシの『さくら』の歌詞の冒頭に、こんな一節がありましたが、そんな雰囲気を感じる場所を先日通りました。



 ここは奈良の大和高田市と言うところなんですが、この町を流れている高田川と言うところの川沿いに桜の木が沢山植えられているんです。
 
 この高田川のほとりには、千本の桜が植えられているんだそうで、その歴史は古く1948年に植えられたのが始まりなんだとか。
 
 それから約60年の歴史を経て今に至る訳ですが、この時期になると川沿い一帯の桜が一斉に開花し、道路沿い一帯が満開の桜の花に包まれると言う、何ともロマンチックな光景になるんですよ〜。

Livedoorニュースでも取り上げられているようですので、もし宜しければご覧下さいませ!

 これだけの桜並木ですから、風が吹いた日にはまさに『桜吹雪』のように、風に舞い散った桜の花びらで覆われてしまいます。
 桜の花びらが舞い散る光景、これまでなかなか見る機会が無かったのですが、奈良へ来てこの時期になると見れるようになって、何とも贅沢な気分を味わっています。
 特に・・・夜の桜吹雪は・・・もう言葉に表せないですよね。。。
 
 この日もそれなりに風が吹いていたので、見物に訪れる人の顔や頭に桜の花びらが舞い散り、まさにこの時期しか感じることが出来ない素敵な光景を見せてくれていました。



 車が止まったときを狙っての撮影なので、なかなか良いショットは撮れなかったのが残念ですが、ここはぜひともゆっくりと歩きながら散策するのをオススメしたい場所ですね〜。

 吉野山でも、もうすぐ上千本まで桜の開花が到達するでしょうし、今がまさに桜は見ごろになってきましたね♪

 今年は行けそうに無いので・・・来年はゆっくりと花見に行きたいものです☆



comments(0) : trackbacks(0)


『一句』、いかがですか?



 先日、奈良・桜井市にある大神神社に、カメラ片手に行って来たのですが、この神社は山全体がご神体になっているので、あちらこちらにご神体が祭られているんですが、その途中に展望台のようなところがあるのです。
 
 そこにこのポストはあります。

 このポスト、この三輪山や山の辺の道を散策された方が一句をしたためて、応募するためのポスト(投稿箱)ではあるんですが、数年前には山鳥が巣をこの中に作り話題にもなったポストであります。

 大きさ的に・・・鳥が巣を作るのには最適な場所だったんでしょうね〜。

 当時は確か『静かに見守ってください』と言った看板も上がっていたような記憶があるんですが・・・。

 山の辺の道を散策しながら一句詠む、と言うのも・・・なかなか『粋』なものではないでしょうか・・・。

 昔の人を思い浮かべながら・・・っていうのも、いいかもしれませんね!



comments(0) : trackbacks(0)


奈良県の06年10大ニュース。。。

 各地の新聞社で、06年の10大ニュースが発表されていますが、私の住む奈良でも毎日新聞の支局長が10大ニュースを発表されていますね。

様々な10大ニュース /奈良(毎日新聞より)

 記事の中で支局長さんが挙げられている10大ニュースを見てみると・・・

 ?柿本県知事 勇退へ
 ?奈良市職員病欠・談合事件
 ?田原本町の高1放火殺人事件
 ?文化庁による高松塚古墳の壁画劣化隠し
 ?母子救急搬送システムの改善
 ?キトラ古墳壁画展示が人気
 ?プロボクシングの名城信男が世界王座奪取、初防衛
 ?東大寺で聖武天皇1250年御遠忌
 ?正倉院展に史上最高入場者
 ?高市早苗氏が内閣府特命担当大臣就任

 との事。?の奈良市職員の事件は、あまりにも衝撃の強いものとなりましたね。。。?の大淀病院での一件は、奈良県の周産期医療改革を進める大きな切っ掛けとなったとは言え、尊い命を犠牲にしてのこの結果だけに、素直に喜べないところもありますが・・・。

 それから、文化庁のずさんな管理で痛々しい状態になってしまった『高松塚古墳』の件も、印象的でした。
 文化庁は、日本の貴重な『財産』を、何とも思っていないのか!?と思わず突っ込みたくなったニュースでしたね。。。

 ここには入っていませんが・・・先日時効になってしまった5年前の女児ひき逃げ事件や、平群町で起こった女児殺害事件の犯人の死刑が確定した件など、大きな出来事が他にも色々とあった年でした。

 明るいニュースはと言えば・・・亀田親子の陰に隠れ、あまり目立っていませんでしたが、奈良出身の名城 信男がWBA世界スーパーフライ級チャンピオンに輝き、初防衛も果たしたニュースでしょうか。

 これは本当に明るいニュースでしたね〜。。。
 これからも頑張って欲しいものです!

 来年の今頃、どんなニュースが出て来ているのか、前向きな内容になる事を期待したいところですね☆



comments(0) : trackbacks(0)


藤原宮跡のコスモスたち☆

 先日、奈良の橿原市にある『藤原宮跡』の周囲に植えられているコスモスを見に、出かけてきました☆





 藤原京とは『藤原京ルネッサンス』によると、当時の持統天皇が、それまで「飛鳥」に置かれていた都を、大和三山(畝傍山・香具山・耳成山)に囲まれた場所へと遷都したことで誕生した、中国の都にならった日本初の本格的な都であると言われています。
(大宰府が日本最初の都であると言う説もあるそうですが、その辺りの議論は避けるとしましょう)

 『藤原京』は、694年から『平城京』が誕生した710年までの間の、僅か16年間だけの短い『首都』だった訳ですが、その間に『白鳳文化』が大きく花開いたと言われています。

 そんな藤原京の周囲では、季節に応じた花が植えられているのだそうで、この季節には『コスモス』が植えられ、訪れた人の目を楽しませてくれています。



 周囲は大和三山に囲まれた環境で、のどかな風景の中で咲き誇る沢山のコスモスたち。



 秋のひと時を、ゆっくりと過ごすには、最適かもしれませんね♪





comments(0) : trackbacks(0)


薬師寺で『合コン』いかが??

 今日はちょっと興味深いニュースを・・・。

 今日のyahooニュースから、抜粋させて頂いたのは、こんなニュースです。

 世界遺産に登録されている奈良県の薬師寺で、11月に何と『合コン』を開催しよう、と言う企画があるのだとか。

 何でも厚生労働省の調べによると、奈良県は合計特殊出生率がとても低く、東京都の0・98についで1・12と全国ワースト2の位置にあるんだそうです。
 これは予想外でしたね。。。

 その改善をしようと奈良県では昨年、男女に出会いの場を提供する「なら出会いセンター」というものを作り、県内のホテルやレストランなどと協力して、男女の出会いイベントを色々と企画したのだそうですが、思うような成果は上がらなかったのだとか。

 で、2年目の今年は、更に新たな企画を練り、9月に平城宮跡のボランティア清掃と男女の出会いイベントを組み合わせた企画で募集したところ、何と定員の5倍強に当たる210人が申し込みをしてきたとの事。

 う〜ん。。。やはり『奈良独自色』と言うものと織り交ぜると、効果が大きいんでしょうかね〜。
 でもアイデアとしては面白いですよね。
 平城宮跡を協力し合いながら清掃することで、新たな出会いを育んでいく。
 う〜ん、何とも古風な感じがしなくも無いですが。。。

 そんなこんなで気をよくした出会いセンターでは、『古都』である事を生かすべく、今度は薬師寺に協力を要請したところ、「地元に役立てるなら」と了解を取り付けることに成功。
 見事、『薬師寺合コン』計画の実現に至ったんだそうです。

 薬師寺で合コン、う〜ん。。。イメージが湧いてこない。。。^^;
 
 当日のプログラムも、薬師寺ならではの内容が盛り込まれているようで、まず午前中は、「結婚」をテーマにした法話を拝聴した後に、経典を書き写す「写経」に挑戦するのだとか。
 コンセプトとしては、「参加者に自分の内面を見詰め直し、落ち着いた心境で『合コン』に臨んでもらうため」と言う目的なのだそうで、ここまでは参加者同士が自由に話す機会は無い、との事。

 まずは内面から自分を見つめなおし、気持ちを安らかにしてから『いざ本番!』と言ったところなんでしょうか。。。

 それが終わってから、お待ちかねの1対1のトークタイムに突入。

 各自、自己紹介カードを提示しながら意中の人を探す時間が、ここから始まるそうで、ここからが『正念場』と言ったところですかね。。。

 昼食・散策を済ませた後は、場所を西大寺へと移し、巨大な茶碗を両脇の人に抱えられながらお茶を飲む「大茶盛」などの、古都ならではのイベントを体験し、最後に参加者が意中の相手に投票をする、カップリングを行って、合コンは終了するのだとか。

 何とも盛り沢山な『合コン』になりそうですね〜。。。

 この合コンですが、来週16日から申し込み受付がスタートし、男女各20名募集するのだとか。
 開催日も既に決まっていて、11月8日に行われるそうです。

 先程、『なら出会いセンター』のサイトを見させていただいたのですが、結構色々な企画をされているようですね。。。
 で、『受付終了』が意外と(失礼な言い方ですが。。。^^;)多い。。。

 古都ならではの出会いって、案外いいのかもしれませんね。。。
 他にも『ぶどう狩りとバーベキュー』とか、『ジャズを聞きながら』と言った企画もあるようで(古都ならでは、では無いかも・・・^^;)。。。

 奈良で素敵なパートナーと出会う、と言うのも、なかなかイイかもしれませんね〜☆

※興味を持たれた方は「なら出会いセンター」を一度、ご覧になってみて下さいね♪

URL:http://www.naradeai.pref.nara.jp/




comments(0) : trackbacks(0)


久しぶりの『彩華ラーメン』。。。☆

 ここへ来てようやく、ウチの嫁さんに食欲も戻ってきたので、昨日は久しぶりに『彩華』ラーメンを食べに行ってきました!



 『彩華』と言うとやはり、本場の天理市内の屋台店で食べるのがベスト!なのですが、まだちょっとそこまで行くのはキツいものがあるので、昨日は家からそれ程遠くないお店へ。

 『彩華』と言うと「天理ラーメン」とついつい言いがちなのですが、Wikipedia等によると『天スタ』の登録商標は、「天理スタミナラーメン」さんが取っておられるようですね。。。

 「天理スタミナラーメン」へは、まだ一度も行った事が無いんですが、こちらも天理市内に屋台を構えておられる様子。
 一度、食べ比べてみたいものですね。。。

 白菜のたっぷり入った、ちょっと辛めのスープは、やっぱりやみつきになりますね〜☆

 同じ白菜のたっぷり入ったラーメンに「どうとんぼり神座」がありますが、ダシの系統は全く正反対ですよね。
 神座のラーメンも、個人的には大好きなんですが、やはり時には『彩華』のちょっとコッテリしたラーメンが食べたくなります。

 昨日は『彩華』も食べれたし、タイガースも勝ったし、いい1日になりました☆



comments(0) : trackbacks(0)




■当サイト オススメのレンタルサーバー
 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる
 安心の電話サポートが深夜まで対応している。
 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。
 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。