新・りっきーのブログ日記

日常の身の回りでの出来事について、いろいろ書き綴ってみたいと思っています。
スポーツ(トラネタが多いかも・・・)や、音楽、その他感じた事などを色々と・・・☆
大河ドラマや色々なモノ・コトとかのレビューも始めてみました♪
でも最近は。。。親バカ日誌になりつつある、今日この頃。。。( ̄▽ ̄;)


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- : -


スピッツ〜CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection〜

 先日、レンタルしてきたCDの中の1枚である、スピッツ「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection」

CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection (初回限定盤12cmCD付)


 スピッツのベストアルバムと言うと、かつて発売された「RECYCLE」を巡って色々な問題が起こり、今回の2枚組(正確に言うと3枚組?)のベストアルバム発売に至ったわけですが、今回は91〜97年の古い方のアルバムから。

 約10〜16年前の楽曲と言う事もあって、かなり懐かしい曲が織り交ぜられていますよね。。。
 「ヒバリのこころ」う〜ん、何とも懐かしい・・・。15年前って何をしていたんでしょうか・・・??浪人生活してたころ??あまりいい思い出がありませんが・・・^^;

 この中で印象の強い曲を挙げてみると、まずは「青い車」でしょうか。

 海岸沿いの道を青いオープンカーで爽快に走っているようなイメージの曲ですよね。。。この辺りで言うと、南紀白浜辺りでしょうか。。。で、ありながら何やら逆説的な歌詞の内容。

 今から約12年前の曲なのですが、当時、歌詞の中の「輪廻の果てへ飛び降りよう・・・」の意味が今ひとつ解らず、「???」と感じながら聞いていたのを覚えていますね。
 爽やかな感じの歌ながら、「心中(!?)」を意識してしまうような歌詞。この辺りのアンバランスな感じが独特の1曲でしたね。

 そしてやはり、スピッツを一躍メジャーへと引き上げた切っ掛けとなった「ロビンソン」でしょうか。

 独特のイントロから始まって、「誰も触れない二人だけの国」へと旅立って行く歌詞。色々な情景を想像してしまいます。
 根底にあるのは、「愛」と言う二人だけの独自の世界観でしょうか。
 歌詞の内容が、かなり壮大なスケールですよね。他の人には想像する事も知る事も出来ない二人だけの「世界」。その辺りを見事に表現したことが、ベストヒットへと繋がっていった要因なのかもしれません。

 他にも「チェリー」「渚」「スカーレット」など、当時ハマってしまった楽曲が15曲と、それプラスで「空も飛べるはず」の原曲とも言える「めざめ」がボーナストラックとして収録されている、このアルバム。

 昔を思い出しながら、シットリと聞き入ってみるのも、イイかもしれませんね。。。






comments(0) : trackbacks(0)


<< 交流戦の締めくくりは福原の粘投とJFK☆ : 我が家の家宝??「ムニ」。 >>

スポンサーサイト




- : -


COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url:

メンテフリー特集7_ダイエット系
USJイベント-ユニバーサル・ウォーター・パレード2007




■当サイト オススメのレンタルサーバー
 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる
 安心の電話サポートが深夜まで対応している。
 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。
 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。