新・りっきーのブログ日記

日常の身の回りでの出来事について、いろいろ書き綴ってみたいと思っています。
スポーツ(トラネタが多いかも・・・)や、音楽、その他感じた事などを色々と・・・☆
大河ドラマや色々なモノ・コトとかのレビューも始めてみました♪
でも最近は。。。親バカ日誌になりつつある、今日この頃。。。( ̄▽ ̄;)


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- : -


第88回 全国高校野球選手権大会 第2日目の試合結果

●第1試合


●第2試合


●第3試合


●第4試合



 平日はリアルタイムで高校野球中継を見ることが出来ないので、スポーツナビから結果を引用していきたいと思っています。

 まず第1試合は、今年の春の選抜・準優勝校である長崎・清峰が3回に3点、4回には4点、さらに8回には打者16人を繰り出す大量12点を取るなど、合計で22点を挙げ、初出場の光南(福島)を圧倒する展開となりましたね。

 光南も7回まで12安打放ちながらも要所を締められ、結果的には最少得点しか取れず、チャンスをモノに出来なかったのが大きく響きましたね。。。
 とは言え、春の選抜決勝で横浜に大敗し、悔しい思いを噛み締めての夏の甲子園となった清峰。何かしら熱い思いをとても感じた試合内容でしたね。
 横浜から大きなものを学んだと言う清峰。それだけに・・・昨日の横浜の敗戦をどう受け止めているのか、気になる所ではありますが・・・。

 続いて北陸勢同士の対決となった第2試合では、古豪・福井商に対して新鋭・福岡(富山)が挑む形となりました。
 記事を見ていると1回の攻防が最後まで、明暗を分けた形となったようですね。

 先攻の福岡は、1死2塁の好機を後続の凡退でモノにする事が出来ず、一方の福井商はその裏に、あっさりと先制打を決めるなど4得点を挙げ、流れを一気に掴んだ感じですね。
 この辺りはさすがに、古豪と言うか試合巧者な部分を見せつける展開となりましたね。。。

 その後福岡は6回に1点返したものの、流れを最後まで掴むことが出来ず、初戦で敗退となってしまいました。
 いかに先に「流れ」を掴む事が出来るか。その辺りの難しさが出た試合でしたね。

 第3試合では、宮城大会で延長再試合を制した仙台育英と、こちらも古豪・徳島商との対決となりましたね。

 序盤から得点を挙げ、早々にペースを掴んだ仙台育英。予選からの良い流れをそのままに、先発の2年生・佐藤投手が徳島商を5安打1失点に抑え、見事な完投勝利を収めました。

 5年ぶりの甲子園となった仙台育英が、まずは幸先の良い形で勝利を掴むことが出来ましたね。
 一方、残念ながら完敗となってしまった徳島商。率いておられる監督さんは、池田高校の出身だとか。
 かつての池田高のような「やまびこ打線」とはいきませんでしたが、来年に向けて頑張って欲しいですね。

 最後の第4試合は、8年ぶりの甲子園となる日大山形と、こちらは4年ぶりとなる島根・開星との対決となりましたね。

 序盤を0−0で終えたこの試合、まず5回に開星が先制点を挙げるものの、7回に日大山形が4連打で逆転に成功。その後8回にさらに3点加え、一気に主導権を握りましたね。
 その裏に開星が1点返したものの、流れを掴み返すまでには行かず、6−2で日大山形が勝利を収めました。

 第1試合がかなりの大差となってしまいましたが、今日の試合を見てみると、流れを掴めなかった側は、建て直しがなかなか効かないものだなぁ、との印象を強く感じた4試合でしたね。
 「流れを掴む」と言うのは、なかなか難しいものなんでしょうね。。。

 明日の第3日目は、春夏連続出場となった話題の沖縄・八重山商工が登場してきますね。
 明日はどのような「熱いドラマ」を見せてくれるのでしょうか。
 明日も期待しましょう!
 
 



comments(0) : trackbacks(0)


<< アニキの気迫が勝利を呼んだ! : 福原の快投で快勝☆ >>

スポンサーサイト




- : -


COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url:

メンテフリー特集7_ダイエット系
USJイベント-ユニバーサル・ウォーター・パレード2007




■当サイト オススメのレンタルサーバー
 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる
 安心の電話サポートが深夜まで対応している。
 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。
 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。