新・りっきーのブログ日記

日常の身の回りでの出来事について、いろいろ書き綴ってみたいと思っています。
スポーツ(トラネタが多いかも・・・)や、音楽、その他感じた事などを色々と・・・☆
大河ドラマや色々なモノ・コトとかのレビューも始めてみました♪
でも最近は。。。親バカ日誌になりつつある、今日この頃。。。( ̄▽ ̄;)


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- : -


第88回 全国高校野球選手権大会 第9日目の試合結果

●第1試合


●第2試合


●第3試合



 いよいよ2回戦も最後となった大会9日目ですが、全試合に関西勢が登場してきましたね。どのような試合になったのでしょうか??

 まず第1試合ですが、初戦で岐阜・県岐阜商を破っての2回戦進出となった和歌山・智弁和歌山と初戦で埼玉・浦和学院を倒している石川・金沢との対戦でした。

 4回までこう着状態を見せたこの試合ですが、5回の表についに動きを見せます。
 5回表に智弁和歌山が1死2・3塁の場面を作り、2番・上羽くんがタイムリーを放ち、まずは智弁和歌山が先制。
 その後も攻撃の手を緩める事無く、一気に5得点をこの回にもぎ取ります。

 中盤まで智弁和歌山の先発・広井くんに抑えられていた金沢も、終盤に反撃を開始。
 1死3塁の場面を作り、7番・沢井くんがタイムリーを放ち1点を返します。
 さらに8回裏にも、1死1・3塁の場面を作り、ここで犠飛を放ち2点目を加え、徐々に金沢が智弁和歌山へ点差を縮めてきますが・・・。
 
 反撃もここまでに終わり、最終回、智弁和歌山が3点差を守りきり、3回戦突破を決めましたね。

 智弁和歌山を率いる高嶋監督にとっては、今日の勝利で夏の甲子園通算28勝目となり、PL学園・中村元監督、常総学院・木内前監督を抜いて通算勝利数単独1位となった訳ですが、歴史的な記録更新も監督ご自身には、あまり気にならない様子でしたね。それよりも「らしさ」が未だ出ないところの方が気になるのかもしれませんが・・・。

 今日勝った智弁和歌山は、次の3回戦でミラクル・八重山商工と相対します。
 これもまた楽しみなカードとなりましたね!

 続く第2試合では、初戦で滋賀・八幡商を破った静岡・静岡商とこちらは初戦で強豪・愛工大名電を破った京都・福知山成美との対戦となりました。

 この試合、2回の両チームの攻防が何か、勝負の明暗を分けたような展開になりましたね。
 まず2回表に静岡商が先制のチャンスを掴みます。
 1死1・3塁の場面を作った静岡商がここでスクイズを試みますが・・・。
 3塁ランナーは残念ながらホームでタッチアウト。さらに3塁へ向かっていた1塁ランナーも刺されてしまい、痛恨のダブルプレイとなってしまいました。

 その裏、今度は福知山成美が2死2塁の場面から8番・北野くんがセンター前へタイムリーを放ち、福知山成美がまずは先制します。

 さらに4回裏に、福知山成美のエース・駒谷くんがバックスクリーンへ飛び込むHRを放ち、1点を追加。
 その後もチャンスを作り続け、合計3点を追加し、4−0とします。

 静岡商も最後まで粘りを見せますが、福知山成美のエース・駒谷くんに要所を締められ、6安打無四球で完封試合で福知山成美が勝利を収めましたね。
 敗れたものの、静岡商は最後までさわやかでしたね。
 敗れ去った2年生投手・大野くんの笑顔も最後まで印象的でしたね。残念ながら今年の夏はここで終わってしまいましたが、きっと来年も一層逞しくなって、帰ってきてくれる事でしょう。

 最後の第3試合は、初戦で三重・三重を破った熊本・熊本工と、同じく初戦で秋田・本荘を破った奈良・天理との、甲子園常連校同士の対決となりました。

 この試合、最後の最後までどちらに転ぶか、全くわからない白熱した展開となりましたね。

 まずは2回裏に天理が2死2塁の場面で8番・西岡くんがタイムリー3塁打を放ち、1点を先制します。
 しかし熊本工も4回表に1死満塁の場面を作り、ショートゴロの間にランナーが戻り1−1の同点に。
 しかししかし、その裏に天理も2死2塁の場面から7番・梅田くんがタイムリーを放ち再度勝ち越します。

 さらに6回裏に4番・藤原くんがソロHRを放ち、3−1とリードを広げます。
 しかし・・・7回表についに熊本工が猛攻を見せます。
 1死満塁の場面でまずは3番・橋本くんがタイムリーを放ち、3−2に。さらに4番・狩場くんの場面でゴロを放った間にランナーが戻り、ついに3−3の同点となります。

 そして・・・運命の9回表、2死2塁の場面で熊本工の4番・狩場くんがライトへのタイムリー2塁打を放ち、ついに4−3と勝ち越しに成功。
 さらに続く5番・谷口くんの場面でショートゴロが送球エラーとなってしまい、5−3に。。。

 その裏、天理も一打同点、HRでサヨナラの場面を作りますが、あと一歩及ばず、5−3で熊本工が逃げ切り、勝利を収めましたね。

 この試合、本当に最後の最後まで縺れた試合になりましたね。
 熊本工も最後まで本当に粘り強いチームでしたね。

 我が地元・奈良代表 天理が敗れてしまったのはとても残念ですが、よく頑張ったと思います。胸を張って、奈良へと帰ってきて欲しいですね。

 大会も今日で2回戦が終わり、明日から3回戦へと入っていきます。
 明日は第1試合で、3連覇のかかる駒大苫小牧青森山田と言う北海道・東北対決が待っています。これはとても注目したい試合ですね。

 続く第2試合では、関西勢の一角 兵庫・東洋大姫路群馬・桐生第一と対戦します。関西勢の一角として、頑張って欲しいですね!

 他にも第3試合で福岡工大城東−帝京、第4試合で香川西−鹿児島工の試合が組まれています。

 明日はどのようなドラマを見せてくれるのでしょうか??
 明日も楽しみです☆
 



comments(0) : trackbacks(0)


<< 中継ぎ陣火ダルマで語るに及ばず・・・ : 第88回 全国高校野球選手権大会 第10日目の試合結果 >>

スポンサーサイト




- : -


COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url:

メンテフリー特集7_ダイエット系
USJイベント-ユニバーサル・ウォーター・パレード2007




■当サイト オススメのレンタルサーバー
 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる
 安心の電話サポートが深夜まで対応している。
 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。
 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。