新・りっきーのブログ日記

日常の身の回りでの出来事について、いろいろ書き綴ってみたいと思っています。
スポーツ(トラネタが多いかも・・・)や、音楽、その他感じた事などを色々と・・・☆
大河ドラマや色々なモノ・コトとかのレビューも始めてみました♪
でも最近は。。。親バカ日誌になりつつある、今日この頃。。。( ̄▽ ̄;)


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- : -


奈良にもようやく、『周産期医療センター』が・・・。

 今日はちょいと真面目な話を・・・。
 今日は、この記事をピックアップしてみました。

奈良県が周産期医療センター開設(11/27付 読売新聞より)
※※周産期医療センター拡充-県、平成20年 県立医大病院(11/28付 奈良新聞より)

 ようやっと、ようやっと・・・『重い腰』を上げた感が強いのですが・・・。

 今年の8月に奈良・大淀町の大淀病院で、分娩中だった妊婦さんが、脳内出血による意識不明状態を『分娩中のけいれん』と誤った判断をされた上に、19ヶ所の病院に搬送を拒まれ、最終的には亡くなられてしまったと言う、痛ましい事故が起こってしまったのは、記憶に新しいところです。

 今回の事故を受けて、奈良県では早急に、未整備となっていた「総合周産期母子医療センター」の設置に着手し、2008年の1月に「奈良県立医大付属病院」内に開設することが、決定したそうです。

 今回の開設へ向けて、奈良県庁が迅速に対応したところは、一歩前へ進んだ感はあるのですが、ただ・・・、これは書き方として不適切なのかもしれませんが・・・。
 いつも思うんですが、なぜ『幸せ』な未来を迎える筈だった人の『尊い命』が、こう言った『辛い現実』となって表に現れてこないと、『未整備』の状態から抜け出すことが出来ないんでしょうか??

 この時は、担当医の判断ミスもあったでしょうし、奈良・大阪の計19ヶ所の病院に転送拒否されてしまった事も、亡くなられてしまった原因の1つだと思いますが、根本は、この問題を『未整備』のまま放置していた行政に、問題がある訳で・・・。

 今回の事故については、大淀病院側もミスを認め謝罪している訳ですが、とは言え・・・、最近の産婦人科医院にも厳しい現実があるのは確かなんですよね・・・。
 これは全国的に言える事かもしれませんが、奈良に限定して言うと、奈良の産婦人科のお医者さんは、本当に少ない。
 特に、ウチの嫁さんが妊娠したこともあって、とても強く感じています。

 国の『医療制度』や『医療改革』が悪いのか、自治体そのものの問題なのかは、素人の私にはよく解りませんが、ただ・・・。

 妊婦さんやその家族が、安心して『お産』に向き合える体制を早急に作っていただかないと、本当の『少子化対策』には繋がっていかないと思うのですが・・・。

 極端な言い方かもしれませんが、ただ『給付金』を出す事だけが、『少子化対策』では無い筈だと思うのですが・・・。

 奈良県に住む私としては、奈良県の今後の体制強化に、大いに期待したいところです。



comments(0) : trackbacks(0)


<< 種崎浜の悲劇・・・〜功名が辻・第47話〜 : 井川、ヤンキースが30億円で落札☆ >>

スポンサーサイト




- : -


COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url:

メンテフリー特集7_ダイエット系
USJイベント-ユニバーサル・ウォーター・パレード2007




■当サイト オススメのレンタルサーバー
 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる
 安心の電話サポートが深夜まで対応している。
 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。
 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。