新・りっきーのブログ日記

日常の身の回りでの出来事について、いろいろ書き綴ってみたいと思っています。
スポーツ(トラネタが多いかも・・・)や、音楽、その他感じた事などを色々と・・・☆
大河ドラマや色々なモノ・コトとかのレビューも始めてみました♪
でも最近は。。。親バカ日誌になりつつある、今日この頃。。。( ̄▽ ̄;)


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- : -


『さくら舞い散る中に。。。』

 『さくら舞い散る中に忘れた記憶と。。。』

 2年前に発売されたケツメイシの『さくら』の歌詞の冒頭に、こんな一節がありましたが、そんな雰囲気を感じる場所を先日通りました。



 ここは奈良の大和高田市と言うところなんですが、この町を流れている高田川と言うところの川沿いに桜の木が沢山植えられているんです。
 
 この高田川のほとりには、千本の桜が植えられているんだそうで、その歴史は古く1948年に植えられたのが始まりなんだとか。
 
 それから約60年の歴史を経て今に至る訳ですが、この時期になると川沿い一帯の桜が一斉に開花し、道路沿い一帯が満開の桜の花に包まれると言う、何ともロマンチックな光景になるんですよ〜。

Livedoorニュースでも取り上げられているようですので、もし宜しければご覧下さいませ!

 これだけの桜並木ですから、風が吹いた日にはまさに『桜吹雪』のように、風に舞い散った桜の花びらで覆われてしまいます。
 桜の花びらが舞い散る光景、これまでなかなか見る機会が無かったのですが、奈良へ来てこの時期になると見れるようになって、何とも贅沢な気分を味わっています。
 特に・・・夜の桜吹雪は・・・もう言葉に表せないですよね。。。
 
 この日もそれなりに風が吹いていたので、見物に訪れる人の顔や頭に桜の花びらが舞い散り、まさにこの時期しか感じることが出来ない素敵な光景を見せてくれていました。



 車が止まったときを狙っての撮影なので、なかなか良いショットは撮れなかったのが残念ですが、ここはぜひともゆっくりと歩きながら散策するのをオススメしたい場所ですね〜。

 吉野山でも、もうすぐ上千本まで桜の開花が到達するでしょうし、今がまさに桜は見ごろになってきましたね♪

 今年は行けそうに無いので・・・来年はゆっくりと花見に行きたいものです☆



comments(0) : trackbacks(0)


<< 勘助、由布姫との運命の出会い〜風林火山・第14話〜 : 最近はパスワードも使い捨ての時代。。。 >>

スポンサーサイト




- : -


COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url:

メンテフリー特集7_ダイエット系
USJイベント-ユニバーサル・ウォーター・パレード2007




■当サイト オススメのレンタルサーバー
 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる
 安心の電話サポートが深夜まで対応している。
 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。
 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。