新・りっきーのブログ日記

日常の身の回りでの出来事について、いろいろ書き綴ってみたいと思っています。
スポーツ(トラネタが多いかも・・・)や、音楽、その他感じた事などを色々と・・・☆
大河ドラマや色々なモノ・コトとかのレビューも始めてみました♪
でも最近は。。。親バカ日誌になりつつある、今日この頃。。。( ̄▽ ̄;)


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- : -


日本ハム、44年振りの日本一!新庄、涙のラストゲーム☆

 44年振りの日本一、北海道では初の日本一が掛かった、今日の日本シリーズ第5戦目は、日本ハムが4−1で勝利を収め、見事日本一に輝きましたね!!

 北海道日本ハムの皆さん、おめでとうございます!!

 中日・川上、日ハム・ダルビッシュの先発で始まった今日の試合ですが、まずは4回に中日が荒木選手のタイムリーで1点先制したものの、5回裏に金子選手のスクイズで同点、更には6回、セギノール選手に2ランが飛び出し、3−1と遂に逆転に成功!
 さらに8回には、稲葉選手にもソロアーチが飛び出し、4−1に。

 最後はマイケル投手が3人で抑えゲームセット。
 見事、日本一に輝く事が出来ましたね!!

 そして・・・新庄選手にとってはラストゲームとなった訳ですが、最後の打席では涙がこぼれていましたね。。。
 思わず・・・胸が熱くなりました。。。

 これがラストかと思うと、本当に寂しいですね。。。
 でも引退試合が日本一を決める試合だった、と言うのは、彼にとっては本当に幸せな野球人生だったことでしょうね。。。

 今日もまたまた『シンジラレナ〜イ!』が飛び出した、北海道日本ハムの日本一。
 本当に素晴らしい日本一への軌跡でしたね。

 今回の日本シリーズは、攻守に大活躍だった稲葉選手が獲得したようですね。
 おめでとうございます!!

 ついにこれで06年のレギュラーシーズンが終わりましたね。
 あとは、アジアシリーズが待っていますね!
 
 今日はしばらく・・・気分を堪能したいと思います☆

 北海道日本ハムの皆さん、日本一、おめでとうございました!
 次のアジアシリーズも、頑張って欲しいですね!!



comments(0) : trackbacks(0)


06年日本シリーズ第4戦、日本ハム ついに王手☆

 ついに・・・日本ハムに『王手』が灯りましたね〜☆

 今夜の日本シリーズ 第4戦、日本ハムが中盤までに挙げた3点を守りきり、中日に3連勝。
 そして、日本一へ向けての『王手』にまで、辿り着きましたね。

 今日の試合、6回表の中日の攻撃で井上選手の当たりが僅かにファールになったところが、何か両チームの差に出ているような感じを受けましたね。。。

 序盤〜中盤、4回以外は毎回ランナーを出し、得点圏にまでランナーを進めながらモノに出来なかった中日と、逆にチャンスをモノにしていった日ハム。 
 大きな差がここへ来て、出てきてしまいましたね。。。

 日本ハムにとっては実に44年ぶりの、北海道にやって来てからでは初の日本一まであと1つに迫った訳ですが、この勢いのまま、明日も一気に突っ走る事が出来るか、気になるところですね!
 今日の試合では、中継ぎで好投していた武田(久)投手が休めたのは、大きかったですね。。。

 一方の中日、これでついに土壇場まで追い詰められてしまった訳ですが、いずれにせよ明日取らないと、もう後が無い状態ですので、開き直るしかないんでしょうね。。。何やら、去年の日本Sを思い出してしまいますが・・・^^;

 明日とにかく取れば、その後は本拠地のナゴヤドームですから、中日にとっても有利な方向へ向いてくる可能性も十分ありますので、明日の試合、熱い見応えのある一戦になることは、間違いなさそうですね☆



comments(0) : trackbacks(0)


06年日本シリーズ第3戦、日本ハム 記念すべき北海道での1勝目☆

 今日から舞台を初の日本シリーズ開催地となった北海道・札幌ドームへと移しての日本シリーズ・第3戦は、小笠原選手の見事な先制打などで日本ハムが6点を挙げ、2勝目に到達しましたね。

 中日・朝倉、日ハム・武田(勝)の先発で始まった今日の試合ですが、初回に中日が福留選手のタイムリーで1点先制したものの、その裏にランナー1・2塁で『ガッツ』小笠原選手が、日本S初安打となるタイムリー二塁打を放ち、すぐさま形勢をひっくり返しましたね〜。 
 
 さらに稲葉選手の犠牲フライで3−1となった今日の試合ですが、その後は両チームともチャンスをなかなか掴めない展開となりましたね。

 中日の先発・朝倉投手も立ち直り、2回以降は見事なピッチングを見せ、一方の日ハム・武田投手は中日打線にヒットを許すものの、バックの堅い守りにも助けられ、要所を見事に凌いでいましたね。
 
 試合が動いたのは土壇場の8回でしたね。
 ランナーを1・2塁に置いて、バッターは初回に犠飛を放っている稲葉選手が、カーブを上手くすくい上げ見事なダメ押しとなる3ランを放ち、これで試合は完全に決しましたね。

 記念すべき北海道での日本シリーズ初勝利を揚げた日本ハム。
 通算で2勝目となり、明日以降への弾みがますます付いてきましたね!

 一方の中日も、明日は何とか勝ちたいところでしょうね。
 明日も負けると、一気に日ハムが来そうな予感。。。本拠地だけに。。。

 明日も熱い戦いを期待したいですね☆



comments(0) : trackbacks(0)


06年日本シリーズ第2戦、日ハムが取り1勝1敗☆

 中日が第1戦を制し、両チームにとっても大きな一戦となった、今日の第2戦ですが、日ハムが見事一矢報い、勝利を収めましたね!

 今日の第2戦、中日が山本(昌)、日ハムがルーキー・八木の先発で始まりましたね。

 今日は初回に日ハムがセギノール選手のタイムリーで先制したものの、その裏に井端選手が今年の日本シリーズ第1号を放ち、すぐさま同点に追いつきます。

 さらに4回に、当たりの出ていなかった福留選手もライトスタンドへソロHRを放ち、2−1に。
 しかし。。。今日の中日は、ダメ押しとなる追加点を取る事が出来ませんでしたね。。。

 その象徴が5回裏だったのではないでしょうか。
 井上・谷繁と連続安打で出たものの、その後の山本(昌)投手の犠打を、八木投手が咄嗟の判断で3塁へ投げ、走者の井上選手を見事に刺します。

 結果的に見たらこのプレーが、とても大きかったように感じましたね。

 そして日ハムもついに7回、稲葉・新庄を塁に置いて金子選手が見事に弾き返し3−2と逆転に成功、さらに8回にはセギノール選手の2ランが飛び出し5−2と突き放し、そのまま逃げ切りに成功した日ハムが一矢報いた形となりましたね。

 いい形で北海道へと戻る事が出来たファイターズ。
 このまま流れに乗って、北海道で決める事が出来るでしょうか。
 一方のドラゴンズも、意地でもナゴヤへと戻って来たいところですね。

 明後日の第3戦。この試合も注目したいですね!
 



comments(0) : trackbacks(0)


06年日本シリーズ第1戦、まずは中日が勝利☆

 ナゴヤドームで今日から開幕した中日−日本ハムとの、今年の日本シリーズ第1戦は、中日が逃げ切り勝利を果たしましたね。

 中日・川上、日ハム・ダルビッシュで始まった今日の試合ですが、投手戦の予想とは裏腹に、思わぬ打ち合いとなり結果的には4−2と言うスコア。

 日本シリーズの独特の雰囲気もあったのか、両チームの先発 2人とも苦しいピッチングの観がありましたね。。。

 まずは第1戦目を取った中日。ここ5年間、初戦を取ったチームが日本一に輝いているのだそうで、明日以降、いい勢いに乗っていけるか、気になるところですね。

 一方、初戦を落とした日ハム。
 明日の試合が、本当に大事になってきますね。

 明日も再びナゴヤドームで、第2戦が行われます。
 明日の日ハムは八木投手だと思うのですが、ここで一矢報いたいところですね。

 明日はどうなるでしょうか??



comments(0) : trackbacks(0)


北海道日本ハム、25年ぶりのパ・リーグ制覇☆

 そして・・・今日はパ・リーグでも覇者が決定しましたね!

 プレーオフ・2ndステージの第2戦で、北海道日本ハムが、劇的なサヨナラ勝利で福岡SBを破り、見事25年ぶりのパ・リーグ制覇を果たしましたね!

 まずは、北海道日本ハムの皆さん、おめでとうございます!

 タイガース戦を見ることが出来なかったので、コチラの中継を見ていたんですが、9回の攻防は本当に手に汗握る、素晴らしい展開になりましたね。

 9回表に、森本選手が2度のファインプレーで3人で凌ぎきったその裏に、自ら四球で出塁し、送りバントの後の小笠原選手が敬遠で、展開は2死 1・2塁となったところで、稲葉選手のセカンド内野安打の間に、森本選手が生還し1−0でサヨナラ勝ちとなりましたね!

 今日の試合は、日ハム・八木、SB・斉藤(和)の1点を争う投手戦だった訳ですが、最後の最後でこのようなドラマが待っているとは、思いませんでしたね。。。

 サヨナラの後、マウンドの上で崩れ落ち、1人で歩く事が出来なかった斉藤(和)投手。そして、レフトで膝を突いて座り込んだままになっていた松中選手。
 思わず・・・胸にグッと来るものがありましたね。。。

 これで、セ・パ、共に代表が出揃った訳ですが、いよいよ21日からナゴヤドームから今季の日本シリーズが始まりますね。

 中日が勝つか、北海道日本ハムが勝つか・・・、野球ファンとして注目したいと思います。



comments(0) : trackbacks(0)


西口、またもや敗れSBが1stステージ突破☆

 一昨日の土曜日からインボイス・西武ドームで開催されている、パ・リーグのプレーオフ・1stステージですが、最終的には福岡SBホークスが、西武ライオンズを逆転の2連勝で破って、1stステージ突破を果たしましたね。

 SBはこれまで、プレーオフになると全く打てなくなってしまっていた松中選手が、昨日は3安打5打点の活躍で大勝し、その勢いのまま、一気に第3戦も終盤の猛攻でひっくり返し、そのまま逃げ切って見事に突破を果たしましたね。

 昨年のロッテも、1stステージで勢いを付け、そのまま一気に2nd・日本S・アジアシリーズと突破していった事を考えると、今後のSBはどのような戦いを見せて行くのか、気になるところですね。

 一方の西武は・・・初戦こそ松坂投手が斉藤(和)投手に投げ勝ち、勢いに乗るかと思われましたが、昨日の第2戦で思わぬ大敗。

 そして今日の第3戦も、西口投手を立て、6回までリードしたものの7回に追いつかれ、そのまま後を受けた中継ぎ陣が炎上してしまい、残念ながら敗れてしまいましたね。

 一部の記事では、第2戦で西口投手が先発ではなかった事が、色々と書かれていましたが、こればかりは結果論なので仕方ないところですが、涌井投手が温存の形になってしまったのは、勿体無かったかもしれませんが。。。

 西口投手といえば・・・これまでポストシーズン6連敗のジンクスがあることでも知られていますが、その当たりの影響はどうだったんでしょうか??

 個人的には、『素晴らしい投手』の1人と思っている人だけに、今日は何とか勝って欲しかったところですが・・・。
 また来年、頑張って欲しいものです。

 さぁ、いよいよ明後日 11日からプレーオフ・2ndステージが始まりますね。

 北海道日本ハムと福岡SBとの対決になった訳ですが、SBにとっては、次も敵地での試合となります。
 続けて本拠地で戦えない状況がどう影響するのか、気になるところです。

 一方の日ハムは、新庄選手がラストの年だけに、少しでも長くユニフォーム姿を見るためにも何とかSBを倒して、日本シリーズへと出場して行って欲しいですね!

 2ndステージは・・・日本ハムを応援するとしましょう♪



comments(0) : trackbacks(0)


早実・斎藤投手、進学へ。。。

 今夏の甲子園で注目を集めた、「ハンカチ王子」こと早稲田実・斎藤投手が、来春の進路を「進学」に決めたようですね。
 
 その記者会見が、今日の夕方に行われたようですが、この選択は堅実な選択だったと言えるでしょうね。

 アメリカへ遠征し、色々と揺れる部分はあったようですが、4年間みっちりと鍛えて、逞しくなった姿でプロ野球へとチャレンジして欲しいですね☆

 4年後にどれほど大きくなった姿で戻ってくるか、今から楽しみですね!

 そして、どの球団のユニフォームを着ることになるのでしょうか。
 あるいは、メジャー??の可能性もあるかも・・・。

 何にせよ、4年後の「ハンカチ王子」の行く末を、今から楽しみにしておきたいですね!



comments(0) : trackbacks(0)


06 夏の高校野球奈良大会は天理が劇的サヨナラで制覇。

 昨日行われた、2006 夏の高校野球 地方大会・奈良大会の決勝は、天理高校が斑鳩法隆寺国際高校を4−3のサヨナラ勝ちで下して、見事甲子園出場の切符を掴む事が出来ましたね。

 整列のシーンでは、両チームとも涙に暮れるシーンとなった訳ですが、このシーンは見ていて思わず熱くなってしまいましたね。

 天理高にとっては、奈良県勢初の4連覇となった訳ですが、昨日はこの試合をテレビ中継で見ていたのですが、正直言って7回表までは流れ的に天理が勝つとは思いませんでした。
 
 7回裏に2点返し、一気に流れを掴んだかと思いましたが、8回裏の逆転のチャンスを取り損ねてしまったため、これで決まったかも・・・と思ったんですが、さすがに試合巧者の天理。9回裏に怒とうの逆転劇を見せてくれましたね。

 斑鳩法隆寺もあと一歩のところまで来たのですが、残念ながら勝利の女神は微笑んでくれませんでしたね。
 メンバーの大半のユニフォームが真っ黒になっていたのがとても印象的だったこのチーム。
 6回までは見事に天理を翻弄し、素晴らしい試合を見せてくれていましたが、最後に疲れが見えたのか、手は届きませんでしたね。
 
 県立高統合の余波で「斑鳩」の名前としては今年で最後の夏となるだけに、甲子園への思いはひとしおだった事でしょう。
 でも強豪・天理にあれだけの名勝負を展開することが出来たことは、本当に素晴らしいチームだったと思います。
 校名は変わりますが、来年こそ!の出場を目指して頑張って欲しいと思います。

 甲子園の開幕まであと少し。天理高には奈良代表として、ぜひとも頑張ってもらいたいものです。
 奈良の優勝、と言うと16年前の天理高以来なんですね・・・。

 今年こそ!に期待したいですね☆



comments(0) : trackbacks(0)


高校野球・奈良大会、天理か?斑鳩法隆寺か??

 いよいよ各地で行われている夏の高校野球選手権の予選も大詰めとなり、関西では滋賀と和歌山で出場校が決まったみたいですが、私の住む奈良でも明日、決勝戦が行われます。

 明日は天理−斑鳩(いかるが)法隆寺との対決となったみたいですが、強豪・天理高に県立校の斑鳩法隆寺がぶつかって行く形となりました。

 天理高は甲子園にも何度も出場している私立校で、せっきーこと関本選手の母校でもあります。
 一方の斑鳩法隆寺高は、ここ数年来の県立校の合併に伴って誕生した学校だそうで、甲子園へは平成15・16年の春の選抜に斑鳩高として出場しているみたいですね。

 どちらが勝つにしても、悔いの残らない、いい勝負を期待したいですね☆



comments(0) : trackbacks(0)




■当サイト オススメのレンタルサーバー
 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる
 安心の電話サポートが深夜まで対応している。
 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。
 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。