新・りっきーのブログ日記

日常の身の回りでの出来事について、いろいろ書き綴ってみたいと思っています。
スポーツ(トラネタが多いかも・・・)や、音楽、その他感じた事などを色々と・・・☆
大河ドラマや色々なモノ・コトとかのレビューも始めてみました♪
でも最近は。。。親バカ日誌になりつつある、今日この頃。。。( ̄▽ ̄;)


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




- : -


μ730レビュー・総括☆

 さて、昨日のスタンプ機能で今回のB-Promotion・μ730レビューを終えた訳ですが、最後としてこれまで使ってみて感じた事を総括として、まとめてみることとしましょう。

 まず、大きさ的には日頃から携帯して持ち運ぶには、最適な大きさだなと思いましたね。
 カバンやポケットにスッポリと入る大きさなので、プライベートだけでなく仕事でも持ち運んでサッと撮影!なんてことも手軽に出来る訳ですからね〜。

 また、黒のボディは、とても引き締まった感がして、見た目のカッコ良さなんかも、アピールできるのではないでしょうか。。。

 とは言え・・・ちょっと気になる点もやはりありましたね。。。
 
 まず、撮影した写真が全体的に暗い印象がありますね。。。
 レンズのF値を見てみると、『3.5〜5.0』と書かれています。
 F値が3.5あるにもかかわらず、全体的に暗く写ってしまう。。。これが何とも勿体無い感じを受けましたね。。。
 レンズ部の口径が小さいのが要因になっているのかもしれませんが、撮影する際には、殆どのシチュエーションで絞りを開放方向へ持って行かないと、全体的にとても暗い写真に仕上がってしまうんですよね。。。
 この部分に、勿体無さをとても感じました。

 それから・・・この写真をご覧下さい。



 これはオークションモードで撮影した写真なんですが、全体的に『砂嵐』がまっているような、ざらついた感じの写真になっています。
 なぜこのような仕上がりになってしまうのか、色々と試行錯誤を自分なりにしてみる必要はあるかと思いますが、ただ『手軽に撮影』が売りのカメラだけに・・・ちょっと気になった場面でしたね。

 ホワイトバランスの調整とか、室内灯に合わせたモード選択とか、色々と試してみればきれいな写真になってくるのではと思ったりもするのですが、となると・・・被写体に応じて最適な撮影モードを選んでくれると言う機能の意味があまり無くなってしまう訳で・・・。

 このあたりも・・・とても勿体無い部分だなぁ、と感じたところでしたね。。。

 とは言え・・・風景などの広角的な撮影だと、とてもキレイに写す事が出来ますし、撮影する被写体のシチュエーションに応じて、色々と試行錯誤してみると、なかなか面白い写真が撮れるのではないのでしょうか。。。

 個人的には・・・これまで『デジカメ』はオリンパスしか買ったことが無い位に、オリンパスのデジカメは高く評価させて頂いているだけに、余計にちょっと辛口で見させて頂きましたが、これからも素晴らしいカメラを生み出してくれることを、心の底から期待したいですね!

 こんな感じで・・・今回のμ730のレビューの締めとさせて頂きたいと思います。
 今回は、本当に貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました!
 これからもμ730.活用させて頂きますね♪



comments(0) : trackbacks(0)


μ730のタイトル合成・スタンプ合成機能を使ってみる。。。

 さて、昨年12月からレビューを続けてきたB-Promotion(ビープロモーション)μ730レビューですが、今回はμ730に搭載されている『タイトル合成・スタンプ合成機能』を使ってみる事にしましょう!

 このスタンプ合成機能ですが、まずは合成の基となるスタンプの原稿をμ730に取り込んでやる事から、作業は始まります。



 今回用意したのは、このような原稿です☆
 筆まめからこのような原稿を選び、早速カメラへ登録してみましょう!



 これまでと同じように、セレクト画面から『タイトルスタンプ』モードを選びます。そして・・・



 この原稿にレンズを向けると、原稿部が赤く反応していると思うのですが、レンズが原稿部を読み取り、これを撮影によって取り込む事で、カメラに『スタンプ』と認識させてやる事になります。



 このような感じでスタンプがカメラに登録される形になりました☆

 さらに・・・スタンプを合成させる写真を用意するとしましょう♪
 今回は・・・我が家の『居候』くんにご協力して頂く事になりました☆



 我が家の居候『プーさん』に協力して頂く事にしました!
 さぁ、今度はスタンプを合成する写真を用意する事にしましょう。
 
 このμ730には数種類のフォトフレームが用意されているのですが、今回はこのようなフレームを選んでみました。



 液晶ディスプレイを思わせるような、フォトフレームを選んでみた訳ですが、このフレームを使ってプーさんを撮影していきます。



 撮影が終わったら、今度はスタンプと合成する作業に入っていきます。
 


 セレクト画面から今度は『タイトル合成』を選び、先程のプーさんの写真を・・・



 選んだ後に、さらにスタンプ登録しているデータを呼び出して合成加工に入っていきます。



 このスタンプは、大きさや位置、色などを自由にレイアウトする事が出来るので、好みに応じた位置や色などに変更してみましょう♪



 さぁ、どんな写真になったでしょうか??



 このようにプーさんの顔に『注意マーク』が入った写真が、出来上がりました〜☆

 今回は、プーさんにご協力をして頂きましたが、この機能を応用して子供の写真を色々な形で合成・編集してやる事で、ちょっと面白いフォトカードなんかも作る事が出来そうですね!

 カメラ単独でここまで出来るのは、活用の幅が広がりそうで、色々と面白いかもしれませんよ♪

※引き続き、この『μ730』と256MBのxD-ピクチャーカードがセットになった商品をプレゼントして頂けるキャンペーンが展開中ですので、ぜひぜひこの機会に『μ730』をゲットしてみて下さいね☆

『μ730』 プレゼントキャンペーンの応募サイトへはコチラから!

 また、μ730 オフィシャルサイトも、引き続きオープンしていますので、興味を持たれた方は、ぜひそちらもチェックしてみて下さいね!

『μ730』 オフィシャルサイトへは、コチラから!

キャンペーンバナー

オリンパス デジタルカメラ μ730 (ミュー730)








comments(0) : trackbacks(0)


μ730の『超高速マルチショット』を使ってみる

 さぁ、μ730を採り上げたB-Promotion(ビープロモーション)レビューですが、今回は機能の1つである『超高速マルチショット』機能を使ってみたいと思います。

 この機能ですが、シャッターボタンを押し続けている間の最大5秒間までの写真を、自動的に9分割し1枚の写真にしてくれる機能なんだとか。

 早速、試してみるとしましょう♪



 いつもどおり、このような感じで機能を選択していきます!



 一番右上にある、『超高速マルチショット』を選択し・・・



 機能を『オン』にします!



 すると・・・画面の左下に四角形のような絵が出ていると思うのですが、これで『超高速マルチショット』がオンになったことを表しているんです。

 で、今回は何を撮影したかと言うと・・・。

 私が普段利用している、近鉄大阪線を走っている特急・アーバンライナーを撮影してみました!

 まだまだ不慣れなので、あまりいい出来具合では無いんですが・・・^^;



 このような感じで、入線から完全に通過するまでは間に合いませんでしたが、特急電車がホームを駆け抜けて行くシーンが、見事に撮影出来ましたよね。

 他にも、こんなモノも撮ってみました☆



 これは『EZアプリ』『ファミスタモバイル』の画面を撮影したんですが、投手が玉を投げたりしているシーンなどが写っているのが、解りますでしょうか??
(かなり解りにくいですよね。。。^^;)

 このような感じで9コマ連続で撮影する事が可能な、『超高速マルチショット』
 様々な動的な動きのあるショットをダイナミックに撮影するには、ピッタリでしょうね〜☆

 さぁ次は、どんなシーンを撮影しようかな〜(^^♪


※引き続き、この『μ730』と256MBのxD-ピクチャーカードがセットになった商品をプレゼントして頂けるキャンペーンが展開中ですので、ぜひぜひこの機会に『μ730』をゲットしてみて下さいね☆

『μ730』 プレゼントキャンペーンの応募サイトへはコチラから!

 また、μ730 オフィシャルサイトも、引き続きオープンしていますので、興味を持たれた方は、ぜひそちらもチェックしてみて下さいね!

『μ730』 オフィシャルサイトへは、コチラから!

キャンペーンバナー

オリンパス デジタルカメラ μ730 (ミュー730)









comments(0) : trackbacks(0)


B-Promotionレビュー〜ひまわり証券 「投資の学校 Webセミナー」〜

 さて、現在μ730のレビューをさせて頂いているB-Promotionさんなんですが、今回またまた新しいレビューをさせていただくことになりました。

 今回のテーマは・・・『投資』なんです!
 ひまわり証券さんがWeb上で開催されている、ひまわり証券セミナーを体験させていただく事になりました!



 投資と言うと・・・どんなイメージがあるでしょうか??
 私は・・・これまで『投資』と言うものを全くしたことが無いのですが、色々と考えさせられるものはありますよね。

 タイガース関連で言えば、一昨年〜昨年に起こった村上ファンドによる阪神電鉄株の一件が記憶に新しいところです。
 そう考えると・・・これまでのイメージだと、何だか怖いイメージが正直あったので、あまり関わりにならないように・・・との思いはありましたね。。。

 とは言え・・・最近では、株価の動きには気をつけていないといけない立場になりつつあるので、ちょっと勉強しないといけないかな、と思うようにはなっていますね。

 特に、取引先の株価次第で銀行の対応も変わったりすることがあるだけに、投資目的ではないけれども新聞の株価のページを見たりすることも多くなりましたね。。。

 あと最近耳にするようになってきた『社会的責任投資(SRI)』にも、ちょっと興味を持っています。
(何も知らない素人ですけどね。。。^^;)

 色々な目利きは必要なんだと思いますが、SRIがしっかりしている会社には、投資してみたいなぁ、と思ったりもしています。
(もっとも・・・そんな甲斐性が今はありませんが。。。^^;)

 で、今回の『投資の学校』セミナーはまさに『渡りに船』だった訳でして・・・^^;

 今回、私が選んだ講座は、『桃栗3年、柿8年、取引システムHits〜入金・注文すべてネットで完結!Hitsマル分かり〜』と言うモノ。

 タイトルだけ見ると、何やら初心者にはピッタリな感じがしたのですが、そもそも『Hits』って何??^^;

 不安を抱えつつ・・・セミナーに早速参加してみました!

 このひまわり証券セミナーなんですが、ほぼ毎日開催されていて、投資の現場で活躍されている方々が講師陣を務めるという、『新鮮な情報』を得る事が出来、とても好評なんだそうです。
 中には・・・『ファンクラブ』が誕生した講師の方もおられるんだとか。
 それは・・・スゴイですねぇ〜。。。

 で、実際のセミナー画面はこんな感じでした。




 2/3程の大きさのメイン画面上には、ビジュアルでの説明ボードが現れ、素の他に講師の方の画面が現れ、リアルタイムで講義を進めていくというスタイルになっています。

 右下の方にあるウィンドウでは、ライブチャットで質問をする事が可能で、講義を聞きながらでも疑問点が出てきたら、すぐに質問する事が可能になっています。

 話が前後しましたが、今回の講義の内容なんですが、この『Hits』とは、ひまわり証券さんが用意されている外国為替証拠金取引やマージンFX用の取引システムなんだとか。

 ぱっと見た感じ・・・ネットバンクでの取引のように説明を聞いていて感じたのですが、そう思うと、とっつき難さも和らいだ感じ・・・かな??

 株価の分析に欠かせないチャートシステムも充実していて、経験豊富なひまわり証券さんの独自の分析による様々な情報を得る事が出来るのだそうです。
 
 聞いておられる皆さんも、なかなかに真剣そのもので、ライブチャットも結構質問が飛び出ていましたね〜。

 『為替の口座利用に関して、最低いくら位必要か?』と言った、実践的な内容の質問が結構出ていましたね。。。

 私も早速、講義の中で出てきた用語で『アラームライン』と言うものについて聞いてみたんですが、とても丁寧に回答していただきました。
 今回の講義を通じて思ったのですが、対応がとても丁寧なんですよね。。。

 私のような、いかにも初心者!的な質問にも、流してしまう事無く丁寧に対応していただく事が出来たのは、嬉しかったですね。。。
 やはり解らない者にとっては未知数なだけに、こういう時の対応次第でイメージが変わってしまいますから、とっても重要でしょうし、とても対応が行き届いている感じを受けました。

 そんなひまわり証券さんなんですが、『マージンFX』用の取引口座を期間中に開かれた方を対象に、500円分のオリジナル・クオカードをプレゼントしていただけるキャンペーンを開催されているそうですので、口座開設を検討されている方は、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか??

 他にも、FX口座でクロス円を除く17通貨ペアを、合計10万通貨単位以上お取引された方の中から抽選で合計100名様に、今年の干支が描かれている"干支コイン"をプレゼントして頂けるキャンペーンも開催中です!

 とまぁ、こんな感じで『投資セミナー』の受講レビューを終えたわけですが、他にも無料で開催されているセミナーは色々とあるみたいですので、ちょっとまた改めて受講してみようかな、と思っています♪

 やはり勉強は、大事ですね〜☆


※『ひまわり証券』に関する詳細な情報は、下記のリンクからご覧いただけますので、興味を持たれた方は、ぜひのぞいて見て下さいね☆

 →ひまわり証券さんの公式サイトはコチラから!

 また、為替取引に関する詳細な情報は、『ひまわり証券 為替オン・ザ・ウェブ』から、ご覧になってみて下さいね!

 →ひまわり証券さんの公式サイトはコチラから!


キャンペーンバナー

株式、外国為替取引、日経225先物のひまわり証券 「投資の学校 為替webセミナー」







comments(0) : trackbacks(0)


μ730のSCN(シーン)モードでオークション写真を撮ってみよう☆

 さて、昨日はμ730のレビューとして、パノラマ機能についてご紹介したわけですが、今回は同じくμ730に搭載されているSCN(シーン)撮影機能についてご紹介したいと思います。

 このSCN撮影モードなんですが、色々と撮影するシチュエーション(被写体)に合わせて20種類の中からモードを選択し、その後カメラが自動的に最適な撮影条件を設定してくれる機能なんです。

 例えば夜景に関連するモードだと、ノイズリダクションが自動的に働き、撮影時間が通常の2倍になる等、その時その時の場面に応じた撮影が出来るようになっているんです。

 モードの中には・・・『寝顔』機能なんかもあるのですが、今度ぜひ試してみようっと。。。^^;

 で、今回は・・・ちょっと珍しいモードの1つと感じた『オークション』機能で撮影をしてみました。

 オークションと言えば・・・ヤフオクやビッダーズ、楽天、海外だとeBayなんかが有名ですよね。
 最近ではモバオクなど、携帯でのオークションなんかも盛況だそうですが。。。

 そのオークションに必ず付いて回るのが、出品する商品の写真ですよね。
 売る側にしても買う側にしても、写真に占める重要度の割合は低くは無いでしょうから、出品者としては写真にはついつい気を使うところです。

 まずはこんな感じで、SCNモードを選んでいくわけですが・・・



 背面のボタンを押して写真の撮影モードを選択する画面を表示させ、3番目にある『シーン』撮影モードを選びます。



 で、20種類ある中から、今回は『オークション』撮影機能を選びます。



 このオークション撮影モードなんですが、特徴の一つに写真の画像域が640×480ピクセルに自動的に設定される点。(通常は幅が約3000ピクセルで撮影されます。)
 ヤフオクの場合だと、600ピクセル以上の写真はそのままではアップできない(確か、自動的に小さくなってしまったような??)ので、どうしても写真編集ソフトを使ってアップできるサイズにしてやらないといけないのですが、これだと圧縮される量が僅かで済むので、見た目の影響は少なくて済みそうですよね。

 それと、自動的に3種類の明るさで撮影してくれる点にも、要注目、ですね!
 出品する商品が、どうしても暗い写真なってしまい、歯がゆく感じていた方もおられるかと思うのですが、これだと露光を標準・開放方向・絞込み方向に自動的に設定された状態で撮影してくれるので、写真編集もとても楽になりますよね♪

 ちなみに・・・1枚目がオークションモードの標準絞り値で撮影したモノです。



 2枚目が、絞り値を0.7絞ったモノです。かなり暗くなってしまっていますよね。。。 



 3枚目は逆に、絞り値を0.7開放したモノです。



 ここまで明るいと、このまま出品用写真として利用出来そうですよね♪

 とまぁ、こんな感じで色々な状況に応じて、撮影モードを最適に変えながら撮影していく事が可能なのが、μ730の特徴になっています。

 他にも、屋内撮影や料理、キャンドルや自分撮りなってモードもある、このμ730のSCN撮影機能。

 色々と活用していったら、面白い写真ライフが送れそうですね♪
 また色々と、試してみようっと(^^♪!



comments(0) : trackbacks(0)


μ730で『パノラマ機能』を使ってみよう♪

 さぁ、新年 初のB-Promotion(ビープロモーション)レビューですが、12月にレビュアーに採用していただいたμ730の第2回のレビューをアップしたいと思います。
(色々な機能がついているので、適宜細かくご紹介していこうと思っています。)

 今回は、『パノラマ機能』についてご紹介していきます☆



 このような感じで選択メニューから、パノラマモードを選択していく訳ですが、このμ730のパノラマ機能、カメラ上 or PC上での写真合成の選択が出来るようになっているんです。
 今回は、カメラ上で写真の合成をする方を選択して、進めていこうと思います。



 で、パノラマモードを選択すると、このような画面へと変わります。



(ちょっと暗くて、見えにくいかもしれませんが。。。)

 真ん中のあたりに、水色の三角が見えるのですが、これは写真を合成する方向を示していて、この向きはカメラ上で左方向⇔右方向の切り替えが出来るようになっています。

 ですので、シチュエーションに応じて向きを色々と変えて撮影する事が可能なんですね〜。

 実際に撮ってみると・・・



 これはテスト的に撮ってみたのですが、同じ場面を3枚撮影し、それを並べて合成した写真なんかも可能なんです。

 これって・・・クリスマスなどを彩る、イルミネーションの撮影に使えそうですよね♪
 例えば・・・同じ場所のイルミネーションと言っても、様々な彩りを見せてくれる訳ですから、様々な色彩の写真を撮っておきたいと思うもの。
 そこで、このパノラマモードで時間差で撮影してやると、面白いでしょうね〜。
(機会があれば、ぜひどこかで撮影してみたいなぁ、と思っています☆)

 あと、このパノラマモードがとても重宝しそう!と感じたのは、例えば写真展や絵画展などの芸術家の個展などを見に行った時、写真に収めようと思うと結構苦労した事など無いでしょうか??



 ギャラリーなんかで飾られている作品は、このような感じで壁に飾られていますよね。
 これを正面から撮影して1枚に収めようと思うと・・・どうしても撮影位置を後ろに引き気味の状態で撮影しないと、入りきらないケースが多いですよね。
 作品を1枚ずつ撮影すれば、それに越した事は無いんですが、1枚で3種類の作品を見てもらった方がいい場合もあると思うんですよね。

 かと言って・・・後ろに下がりすぎると、肝心の作品が小さくなってしまい、とても解りにくくなってしまう。
 じゃあ写真に収める範囲を2枚等、少なめにしたら。。。と思うと、今度は飾られている作品の間隔の塩梅で、上手く収まらない写真になってしまう・・・。

 結構、ギャラリー内での写真撮影って、難しいんですよね。。。

 そこで、このパノラマモードでギャラリー内の作品を撮影してみると・・・



 このような感じで撮影する事が出来ます。
 ブログ上ですので外形を圧縮している関係から、通常モードとのメリットの差が解りにくいかもしれませんが、このパノラマモードでは、全幅が4000ピクセルになるそうですので、その約10%の状態の420ピクセルでブログ上ではアップしています。

 で、これと同じように通常モードの写真を10%の状態にまで圧縮処理してみると・・・



 このような感じですね。

 横幅を長くしたパノラマモードに比べると、作品そのものの大きさが、どうしても小さくなってしまいますので、折角の感動も薄れてしまうかもしれません。

 3種類の作品を1つずつ撮影すれば、別にいいのでは?とのご意見もあるかもしれません。
 ただ・・・この形での撮影のメリットがあるとすれば、作品の売買が絡んでいる場合なんかには、このように撮影出来る方が、メリットは大きいと思うんですよね。。。

 3種類の作品を1枚の写真で比較・検討出来る訳ですから、売る側も整理がし易いでしょうし、買う側にしても1枚で比較・検討出来る方が、効率的でいいのではないでしょうか。

 それから1枚の絵をアングルを変えて撮影する事も、可能ですよね。



 絵画や写真などは、見たアングルによってイメージが変わることも多々ありますから、そういった比較検討にも、最適かもしれません。

 作品以外でも、例えばレストランなどの料理を撮影する時なんかでも、使えそうですし、買いたい車を見に行った時に、ちょっと気になった車を3種類撮影しておいて、家で比較検討するにも便利でしょうし・・・。

 そういう意味では、パノラマモードってプライベート・ビジネスシーン両方で、活用出来そうですよね。

 このμ730のパノラマモード、活用方法を色々考えて撮影してみると、結構面白いかもしれませんよ〜♪

 さぁ、今回は、『パノラマ機能』に絞ってご紹介した訳ですが、このμ730は、様々なシーンモードでの撮影も可能となっているんです。

 次回はシーンモードの中から、幾つかのシチュエーションでの撮影をレビューしてみようと思っていますので、乞うご期待を♪

※引き続き、この『μ730』と256MBのxD-ピクチャーカードがセットになった商品をプレゼントして頂けるキャンペーンが展開中ですので、ぜひぜひこの機会に『μ730』をゲットしてみて下さいね☆

『μ730』 プレゼントキャンペーンの応募サイトへはコチラから!

 また、μ730 オフィシャルサイトも、引き続きオープンしていますので、興味を持たれた方は、ぜひそちらもチェックしてみて下さいね!

『μ730』 オフィシャルサイトへは、コチラから!

キャンペーンバナー

オリンパス デジタルカメラ μ730 (ミュー730)








comments(0) : trackbacks(0)


B-Promotionレビュー その1〜μ730が我が家へやって来た!〜

 これまで色々な商品についてレビューをさせて頂いているB-Promotion(ビープロモーション)

 今までに、水沢うどん、おでん、ケフィアヨーグルトと参加させて頂いていましたが、今回もレビューに参加させて頂く事になりました!

 今回、私が担当させて頂くこととなったのは、オリンパスイメージング株式会社 様から、今年の10月に発売されたばかりの最新デジタルカメラ『μ(ミュー)730』です☆



 画素数は710万画素で、3倍光学デジタルズーム・ISO3200と、このサイズとしてはかなりの高スペック。
 昔はコンパクトサイズでは、ここまでの高スペックは期待できなかったんですが・・・。最近はすごいですねぇ〜。。。

 ところでオリンパス製のデジカメとは、実は結構ご縁があって、一番最初に買ったデジカメがC−3030ZOOMと言う機種だったんですよね〜。

 その後、現在も所有しているC−730 UltraZoomに買い換えたんですが、個人的にはオリンパス製のデジカメは肌に合うというか、気に入っているので、今回の『μ730』も、かなり楽しみです〜(^^♪

 発売当初は『シルバー』『チタニウムシルバー』の2色でスタートした『μ730』ですが、今回レビューさせていただくのは、アートディレクターの伊藤桂司氏がセレクトしたと言う新色のクリエイティブ ブラックのタイプが自宅に届きました!



 これまでμシリーズのイメージとしては、イメージキャラクターにタッキー(滝沢秀明)や浅田真央ちゃんなどを起用していることから、とてもフレッシュなイメージが強かったんですが、今回のカメラのボディや配色等を見ていると、『精悍さ』というかワイルドと言うか・・・、何かしら『大人』のイメージを強く感じますね・・・。

 ボディの表面には独特のザラ付き感が施され、それが逆に大人っぽさを出して、いい感じに♪
(私の仕事の業界では、シボ加工などと呼ばれているものがありますが、それなのかな??それとも、後から吹き付けているのかな??)

 ボディだけを見ても、オリンパスさんの『μシリーズ』に対する強い意気込みを感じますね。
 新境地を開拓していきたい!との想いが、ひしひしと伝わってきます・・・。

 また、オンラインショップ限定で、今回レビューさせて頂いた『クリエイティブ ブラック』タイプにピッタリのオリジナルのカメラケースとセットになった商品も発売されているとの事。
 デジカメに最適なカメラケースのセットって、結構有難いですよね♪

 ところで『μ730』ですが、基本コンセプトとして掲げているのが『キレイに撮れて、やさしく使えるユニバーサルデザイン』との事。

 「使いやすさ」に重点を置き、操作系の配置に関しても、とてもシンプルで解りやすい造りになっているんです。



 その中でも、重宝するなぁと感じたのは『かんたん補正』と書かれているスイッチを押すと設定できる、『手ブレ補正』機能。

 シャッター速度が長時間必要となるシチュエーションで撮影した場合なんかだと、どうしても三脚が無いと手ブレの状態になってしまいがちで、後で写真を見てブルーになることも。。。(汗)
 そう言ったときに手ブレを軽減してくれる機能は、本当に重宝しますよね。
 
 他にも明るさを補正してくれる機能とか、赤目を補正してくれる機能なども備えているのですが、そのあたりは追々見ていくとしましょう。

 それから、サイズがコンパクトで、その上とっても軽いのも特徴の一つ。
 説明書によると、僅か130gというとても軽量なボディは、持ち運びにも便利ですよね!

 ポケットにもスッポリと入るサイズなので、どこへ行くにもお供に出来そう♪
 カバンなんかに入れておいて、ちょっとした風景をサッと撮影!なんてことも手軽に出来るサイズですので、これは重宝しそうです!



 バッテリーも結構コンパクトになっていて、このような感じで挿入。
 かなりスリムでしょ☆
 バッテリーを充電の際には、同梱されている充電器に電池のみを入れて充電する形になるのですが、欲を言えば・・・わざわざ電池を取り出さずとも充電できたら尚良し、と感じたんですが、そこまで言うと贅沢と言うものでしょうね。。。

 ボディの背面には、液晶モニターが設置されているんですが、このモニターがナカナカ大きいんですよね〜。



 ボディの3/4は液晶で占められているのではないでしょうか?



 さらに残りのスペースで、様々な操作用のスイッチが配置されている訳ですが、この操作ボタンが光ってくれるのは結構ありがたいのではないでしょうか。
 
 暗い場所で撮影するのに、どこに何のボタンがあるのか解らない、なんてケースもあるでしょうから、例えば結婚式の二次会なんかで、ちょっと暗い場所で撮影する際などには、とても重宝する機能でしょうね〜。。。


 さぁ、いよいよ撮影開始です!

 今回は第1回目と言うことで、撮影モードとして搭載されている『P』モードと『AUTO』モードの2種類で撮影をしてみました!

 モードの違いはと言うと、『P』モードは被写体の明るさにあわせて、絞り値とシャッター速度の組み合わせをカメラが最適に合わせてくれるのに対して、『AUTO』モードではさらに、ホワイトバランスやISO感度までカメラの方で決めてくれるのだとか。

 これは・・・至れり尽くせりですよね〜。。。
 ですので、屋内・屋外や天候など、被写体の条件に合わせて自ら調整したいときなんかは『P』モードが最適でしょうし、カメラに全てお任せ!ってときは『AUTO』モード、という風にシチュエーションに合わせて使っていくのが、いいでしょうね〜。。。



 まず上の写真は、『AUTO』モードで撮影してみたものです。
 室内灯がオレンジの場合、結構、写真がオレンジっぽくなってしまうものなんですが、コチラの『AUTO』モードでは思ったよりも白っぽく補正されて、それほど気にはならないですよね。



 続いてコチラは、『P』モード内にある『電球の灯りで撮影』モードで撮ってみたものですが、『AUTO』モードとは趣がちょっと変わって見えますよね!

 このように、意識的にホワイトバランスを調整して、同じ場面の写真でも違う趣で撮影する事が出来るんですよ〜☆

 これはナカナカ、便利ですよね♪

 とまぁ、こんな感じでまずは第1回目のデジカメレビューをさせて頂いた訳ですが、レビューとしては今回を含めて4回行う事になっているんですが、今後のブログ用の写真はこの『μ730』で撮影した写真を中心に載せていこうと思っています^^!

 この『μ730』なんですが、現在何と!今回私がレビューした『μ730』と256MBのxD-ピクチャーカードがセットになった商品をプレゼントしてもらえると言うキャンペーンも、同時に行われているんです!

 ぜひぜひ皆さんも、この機会に『μ730』をゲットしてみてはいかがでしょうか☆

『μ730』 プレゼントキャンペーンの応募サイトへはコチラから!

 また、この『μ730』の詳しいスペックについては、μ730 オフィシャルサイトも、オープンしていますので、ぜひそちらもチェックしてみて下さいね!

『μ730』 オフィシャルサイトへは、コチラから!

 さらに、今回レビューした3000台限定発売の新色・クリエイティブ ブラックの公式サイトもオープンしていますので、コチラもご覧になって見てくださいませ♪

クリエイティブ ブラック 公式サイトは、コチラから!

 さぁ、子供の誕生ももうすぐですし、これから『μ730』、活用していこうっと(^O^)!!


キャンペーンバナー

オリンパス デジタルカメラ μ730 (ミュー730)







comments(0) : trackbacks(0)


B-Promotionレビュー☆ 「ホームメイド・ケフィア」

 今回もB-Promotion(ビープロモーション)に採用していただいたのですが、今回は「ホームメイド・ケフィア」という商品。

 

 この商品は、『ご自宅で簡単に手作りケフィアを楽しめる』セットとして、販売されているのだそうですね〜。

 今回、レビューさせて頂く事となった「ケフィア」とは、遥かシルクロードの彼方にあるコーカサス地方と呼ばれる清涼の地にて、何千年もの何世代もに渡って受け継がれてきた酵母と乳酸菌が共生している「ケフィア粒」と呼ばれる種菌を牛乳に加えて発酵させる発酵乳の事で、ヨーロッパやアメリカでは店頭によく並んでいるそうなのですが、日本ではあまり店頭には置かれていないのだそうです。

 発酵乳といえば「ヨーグルト」がとても有名なのですが、この「ケフィア」は厳密にはヨーグルトとは異なる分類になるんだとか。
 ヨーグルトが乳酸菌による『単独発酵』で作られているのに対して、ケフィアは『乳酸菌と酵母による複合発酵』によって作られているのだそうで、含まれている乳酸菌の種類も6種類と多く、酵母も生きたままで食する事が出来るとの事。
 
 また、常温で発酵させる事が出来る事も、大きな特徴の1つのようですね。

 で、実際届いたセットは、こんな感じで。。。

 

 右下に見える小さな箱が、『高活性ケフィア菌』で、牛乳1リットルに対して1パック、使用します。
 その上に写っているのが、『ケフィア・サポーター』と呼ばれる加湿器で、冬場でも発酵に必要な常温(20〜30℃)状態に保つ事が出来るようになっています。

 で、早速作ってみました!

 まず、牛乳1リットル1パックに対して、『ケフィア菌』を1袋入れ、それをよく振り混ぜます。
(このときに、口をキッチリ押さえておかないと、牛乳が飛び出てしまいますよ!)
 
 その後、専用のホルダーで口を塞ぎ、パックの外側に『ケフィア・サポーター』をしっかりセットし、マジックテープでキッチリ留めます。
(↑この、マジックテープでキッチリ留める部分は、重要ですヨ!)

 それが完了したら、コンセントを差して約24時間そのままの状態にしておき、発酵させていきます。

 

 ↑の写真のように、牛乳パックの周りを包んでいるのが、『ケフィア・サポーター』と言う加湿器なんです。
 一定の温度に保ってくれる事もあってか、包んだ周囲はとてもホカホカ温か〜い☆

 で・・・24時間経過したのが・・・

 

 見た感じ、ヨーグルトに比べると滑らかな感じがしましたね。
 あと、見た感じの色合いも、ヨーグルトに比べると水分が多いのか、ちょっと薄い白色といったところでしょうか。

 今回は、蜂蜜をかけて食してみました♪

 お味のほうは・・・ヨーグルトに比べると、酸味が少ない分、とてもあっさりした感じ。
 ヨーグルトの酸味がどうも・・・、と言う方にも、オススメかもしれませんね。
 ねっとりした感じが少ないので、サラッと食べる事が出来ると思います。

 とは言え・・・ヨーグルトの酸味や粘りに慣れているだけに、ちょっと物足りなさも感じるかもしれませんね。。。
 その辺りは、好みの差になってくると思うのですが、僕個人的には、あっさりとしている分、色々なアレンジに使えそうな気がするので、なかなか楽しめるのではないかな〜、などと思ったりもしているのですが・・・。

 公式サイトによると、『ケフィア・ピラフ』のレシピなども紹介されているようですね〜。
 カレーの隠し味なんかにも、いいかもしれませんね☆

 今回、レビューさせていただいた、この『ホームメイド・ケフィア』ですが、抽選で10名様に、私が試食させていただいたこのセットを楽しむ事が出来るキャンペーンを展開しているのだそうです。

 もし、興味を持たれた方は、一度のぞいてみてはいかがでしょうか??

『ホームメイド・ケフィア』お試しセットのキャンペーン 申し込みはコチラから!

 また、『ホームメイド・ケフィア』についての詳しい情報は、オフィシャルサイトがオープンしていますので、そちらもご覧になってみて下さいね!

『ホームメイド・ケフィア』オフィシャルサイトは、コチラから!

 ぜひぜひ、お試しあれ!!


キャンペーンバナー

ケフィアをご家庭で簡単に 「ホームメイド・ケフィア」







comments(0) : trackbacks(0)


B-Promotionレビュー☆カネテツ「だししみおでん」

 前回の大澤屋のうどんレビューを担当させていただいた「B-Promotion」レビューの第2弾として今回は、カネテツ様の「だししみおでん」のレビューを担当させていただく事となりました!

 おでんと言えば、寒い時期の定番料理としても知られていますし、皆さんそれぞれの家庭、はたまた住んでいる地域などによって、入れる「ネタ」や味付けなども様々で、とても個性を持った料理だなぁ、と言う印象を私は持っているんですが。。。

 庶民的な感じでありながら、梅田などに足を運べば、ちょっと高級感のある「おでん」専門店があったりと、日本人にとっては馴染みの深い料理の1つだと言えるのではないでしょうか。

 今回試食させて頂く、おでんですが、カネテツさんが新たなブランドとして考えておられる「だししみおでん」を食させて頂く事になりました。

 カネテツというと、「てっちゃん、てっちゃん、かねてっちゃん♪」の歌の流れるCMが、とても印象的な会社だなぁ、と言うイメージが私にはあるんですが、カネテツさんのおでん「ネタ」は、どんな感じなんでしょうか??

 今回の「だししみおでん」のコンセプトは「ひとくちめから、じゅわっと違う」
 いかにおでんを食する際に、美味しいだしを一緒に味わい、そして楽しむ事が出来るか。その当たりに、コンセプトの主観を置いているようですね。

 実現するに当たっては、だしの味わいなどもそうでしょうし、ただ「だし」が良いだけでなく、いかに「ネタ」を殺す事無く、かつ「ネタ」のよさを引き出せる「だし」にすべきなのか、色々なご苦労があったことではないでしょうか。

 前置きはこの位にして・・・早速、試食といってみましょう!

 今回は、このような感じで到着しました!!


(↑こんな感じで、おでんセットが到着しました☆)

 おでんのネタが4種類と、合わせダシが1つ、そして「おでん」を作るにあたっての解説書がセットで入っていました。
 この量で約4〜5人分との事。結構多いなぁ・・・^^;
 これ以外にも我が家では、大根・はんぺん・牛スジ肉・玉子を入れて、おでんを作っていく事にしました!
(ただし、作ってくれるのは、私の嫁さんなんですが・・・^^;)

 作り方もかなり解り易く書かれており。。。



(↑写真やイラストがふんだんに載せられ、ナカナカ見易い☆)

 ぐつぐつと煮ること1時間・・・。ついに、出来上がりました!!



(↑完成〜☆パチパチ〜☆)

 どうです!我が家自慢の土鍋で煮込んだ、おでん!
 あぁ〜。もうみてるだけで、お腹が・・・^^;

 では早速・・・いただきま〜す(^^♪!!

 まず合わせダシなんですが、かつお節・さば節などをベースとしただしパックを煮出した後に、液体のだしを加えてやれば出来上がりと、実に簡単。
 見た感じ、色が薄めだったので薄味なのかな?と思ったのですが、そうでも無く思ったよりも、濃い味付け。
 薄味が好み、と言う方には、ちょっと調整が必要かもしれませんね。
 煮込むと自然と濃くなってくるだけに、その辺りは『薄味』バージョンなんかが出てくれると、いいかもしれませんね。。。

 ではでは、ネタを幾つかチョイスして。。。



(↑辛子をつけて、幾つかチョイス!!)

 まず太焼きちくわですが、いわしがベースになっているのか、噛むと魚独特のいい香りが。。。こんにゃくには、あらかじめ「スジ」が付けられているのですが、これがいい塩梅にダシを吸い取ってくれていて、とても美味しい・・・。まさに「だししみこんにゃく」のネーミングにピッタリですね!

 左下の白っぽいものが、「ふんわりあげっこ」。
 ふわっとした感触と、ダシを良く吸い込んだ「じゅわっ」とした感じが、とてもいい具合にマッチしていましたね〜。
 外見は高野豆腐なんですが、中にはしいたけ・えだまめ・たけのこなどが練りこまれ、これはなかなかオススメのネタかも☆

 右上が「うずら巻き」で、魚肉ベースの練りものの中にうずら卵が入った、定番の一品ですね。

 「あじしみ」が基本と言う事もあって、練り系が中心となっている、このおでんセットですが、比較的上品な味付けではないでしょうか。
 商品の紹介口上の中に、「ついつい、もうひとくち・・・」と書かれている部分がありましたが、何となく解る気がします。
 かつお節で出しを取るため、全体的にかつお節のいい香りが。。。

 さすが「あじしみ」と歌っている事もあってか、煮込んでから1時間ほどで大根にもダシが染み込んでいたのは、ちょっと驚き。
(逆に言えば、それだけダシが濃い目なのかな??)

 ただ・・・敢えて一つ希望を言うとすれば、「練り系」以外にも「あじしみおでん」のコンセプトとして、こんにゃくと何かもう1つ、加えていただけたら・・・と、ちょっと感じましたね。
 
 今回は練り系以外は、大根・牛スジ肉などを我が家で用意して入れた訳ですが、練り系以外でもダシが染み込み、美味しくいただけただけに、「だししみおでん」シリーズのネタのバリエーションを、練りもの以外のものも作っていってもらえたらなぁ、と希望したいですね。

 全体的には、とても上品な味で美味しくいただけた、今回の「あじしみおでん」。なかなかオススメだと思いますよ〜☆

 この「だししみおでん」なんですが、私が今回試食したセットと同じものを試食できるキャンペーンを、ただいま展開されているそうです!
 「是非試してみたい!!」と思われた方は、下記のリンクからキャンペーンサイトへと行く事が出来ますので、どしどし応募してみてくださいね!!


「だししみおでん」モニターキャンペーンの申し込みはコチラから!!


 また「だししみおでん」についての詳しい情報ですが、カネテツさんのサイトへのリンクも載せておきますので、興味を持たれた方は、のぞいて見てくださいね!!


※※カネテツさんの「だししみおでん」の公式サイトへは、コチラから!


 前回はうどん、今回はおでんを試食させていただいたB-Promotion。
 次回もとても楽しみです!!(^^)


キャンペーンバナー




B-Promotion



comments(0) : trackbacks(0)


「B-Promotion」第1弾☆水沢うどん大澤屋 「謹製肉うどん」

 先日ご紹介した「B-Promotion」のレビュー第1弾として、群馬の水沢うどん大澤屋様の 「謹製肉うどん」を試食してみることとなりました!

 私は水沢うどんを今回始めて知ったのですが、うどんが好きな私としては、どんなお味なのか、とても気になるところです!
 聞いたところによると、水沢うどんは「日本三大うどん」の1つになっているのだとか。これは楽しみですね!!

 

 このような箱の状態で、「B-Promotion」様から届いた、水沢うどん。
 中を見てみると・・・

 

 こんな感じの詰め合わせになっていました。
 うどんは半生うどんで、やや細目と言ったところでしょうか。

 一緒についている具は、上州和牛肉とおあげが入っていました。

 パッケージを見て気が付いたのは、保存料を添加物として入れていないところ。このあたりは、素晴らしい姿勢だと感じました。
 やはり健康やスローフードなどの重要性を考えると、必要以上に添加物を入れるのは避けるべきだと思いますので・・・。
 また、おあげさんに関しては、原材料の生産先や国内の何という銘柄の大豆で作られたのか等が、きちっと明記されているんですね。これも、買う方にとっては安心できる点ではないでしょうか。

 それから、ダシの色が濃くないんですよね。。。
 私の田舎が長野にあるんですが、これまで長野や関東で食べたうどんと言うと、ダシの色が濃いものばかりだったので、「関東のうどん=ダシの色が濃い」と言うイメージがあったので。。。
 これはちょっと驚きました。

 で、早速実際調理してみたところ・・・



 麺はなかなか腰もあり、しっかりとした歯ごたえ。ダシは醤油とかつおぶしをベースとして作られているようですが、少し味付けが辛い感じが・・・。
 ですので、このあたりは好みに応じて味付けを調整されれば、問題無いかと思います。

 私個人的な意見としては、具の上州肉の味付けが少し濃い目になっていたので、ダシを少し薄めにしておいたほうが肉と混ぜた時に、ちょうど良い感じになるかな、と思いました。
 とは言え、この上州肉、歯ごたえがとてもいいですね〜♪

 上州肉は初めて食べたのですが、固すぎず柔らかすぎず、肉うどんには丁度いい塩梅(^^♪
 おあげさんも、どこか昔懐かしい味付けに仕上がっており、とても贅沢な肉うどんを食させていただきました☆

 初めて食べた、群馬の水沢うどん。
 関西のうどん以外は滅多に食することの無い私にとって、今回はとても貴重な体験となりました!

 この「肉うどん」以外にも「大沢屋」さんのショッピングサイトでは色んな商品を扱っておられるようですので、そちらもぜひご覧になってみて下さいね!

群馬水沢うどんの大沢屋さんのショッピングサイトはコチラです!

 また、今回のうどんを作っておられる「大沢屋」さんでは、今回私が試食させていただいた肉うどんのプレゼントキャンペーンをやっておられるそうなので、もし興味を持たれた方は、ご応募してみてはいかがでしょうか??
(私も応募してみようっと!!)

 今回、このような感じで第1回目の「B-Promotion」レビューをさせて頂きましたが、美味しいもの好きの私としては、とても楽しいレビューとなりました!
 次はどのようなレビューが待っているのでしょうか??
 今から、とても楽しみです(^^♪

大沢屋さんの肉うどんのプレゼントキャンペーンサイトへはコチラから応募サイトへリンクしています。
 また下のバナーからも応募できますよ〜☆

 キャンペーンバナー






B-Promotion

 

  



comments(0) : trackbacks(0)




■当サイト オススメのレンタルサーバー
 ウイルスチェックが全サービス無料のほか、フリーダイヤルによる
 安心の電話サポートが深夜まで対応している。
 月額1,995円からと格安でこのサービスを受ける事が出来る。
 CGI/SSI/PHP/MySQL/PostgreSQL のほか、ショッピングカートも無料。